「雇われの男」(仮題)